旬を迎えた初ガツオの卸売価格が、例年より3〜4割高くなっている。

近年の不漁で漁獲量が減っており、価格の高止まりが続きそうだ。

 鮮やかな赤身が売りの初ガツオは、3月から水揚げが始まり、5月に最盛期を迎える。漁業情報サービスセンター(東京)によると、今年3月1日〜4月25日の全国の漁獲量は4493トン(冷凍を除く)と、前年同期に比べて約2割少なかった。全国有数の水揚げ量を誇る千葉県の勝浦港でも、3月の漁獲量が1093トン(冷凍を含む)と前年同月比で3割近く減ったという。

 東京都中央卸売市場によると、4月のカツオの卸売価格は1キロ・グラムあたり900円台と、例年より3割以上も高かった。5年ぶりの高値水準で、市場関係者からは「手軽に買える魚のはずが、この値段では高級魚」との声が上がる。

続きはWebで
http://yomiuri.co.jp/economy/20170501-OYT1T50069.html?from=ytop_ylist
2017/5/1 14:29 読売新聞

コメント一覧
ひどいや姉さん
元から高級じゃなかったっけ
なんか金持ちが初ガツオを買うために下手人が各地走り回るのタイムスクープハンターで見たが…
ファミレスのメニューで海産物は確実に減ってる
この前 おいしんぼの再放送で かつおのさしみにマヨネーズかけるとうまいって

のがあったが まだやったことない
えーっ! 3〜4割も高くなったのかい?
手軽に買えるってイワシやアジほどじゃねーだろ
そうか? たらふく食ってるが? 新鮮なやつ。 時間が経つと生臭くなる。
>>5
タレをかけて電子レンジで温めてマヨネーズをかけると美味しい
スーパーで買ったカツオの刺身を切ったら
白いウニョウニョした寄生虫が出てきたのを見て
カツオは生で食うもんじゃないと確信したね