エッジ・オブ・サニティといえば、メロデス・シーンを語る上で

決して外すことの出来ないバンドですよね。

 

1999年に解散し、2003年にはダン・スワノのソロプロジェクト的な感じで

一時的に復活しましたが、その後また解散してます。

 

今回は、エッジ・オブ・サニティが残したアルバムの中から

4作目にあたる「Purgatory Afterglow」収録の「Twilight」

を取り上げます。

 

彼らの楽曲で私が一番気に入ってるナンバーです。

ミドルテンポで進むので、キラーチューンのカテゴリにあると、

違和感を感じる方も居るかと思いますが。

 

勘違いされがちですが、キラーチューンの定義って、

速い曲である必要ないので、別にいいのです。

ちゃんと調べたのだ(ムフフッ)

ヘヴィメタルでは、速い曲を指す傾向にある感じだけど。

 

「Twilight」が優れてる点は、攻撃的な側面を持つパート、

儚げで美しいパートの対比が見事に表現されてるとこです。

ミドルテンポで8分近い構成ながらも、長さを感じさせず、

サラリと聴かせるあたり、流石だなぁ。

 

叙情的なメロデスというと、真っ先にエッジ・オブ・サニティの

この曲が浮かびます。

 

哀しいことに、実力の割に日本じゃあまり人気ないのかなぁ。

という感じがします。

同じメロデスでも、キーボードを絡めたスタイルのが

注目されがちなので、仕方ないのかな。

 

私もシンフォニックメタル大好きだから、人のこと言えませんよね(汗)

 

Twilightの視聴