f:id:suimin-bouya:20170705234904p:plain

ツボは色々な効果があることで知られていますが、眠くなるツボもあります。調べて実際に試して見たところ本当に眠くなりました。個人的に効果を感じられたものだけをまとめてみたので試してみて下さい。気休め以上のツボばかりなので、眠る時以外は控えて下さい。

百会

f:id:suimin-bouya:20170710010414p:plain

頭のてっぺんにあります。人間の1番高い位置にあるつぼで、両耳の先端を線で結んだちょうど真ん中あたりの頭の上です。正確に計らなくても、そのあたりを探るとプニプニしてるところがあるので、そこが百会だと思って下さい。

ここを両手の中指でゆっくり押したり話したりすることで精神が落ち着いて眠くなってきます。

神門

f:id:suimin-bouya:20170710010418p:plain

かっこいい名前ですが、神門は耳のくぼみの上の方にあります。ここをつまむと副交感神経が活性化して眠くなります。ちなみに日中活発に行動させているのが交感神経、夜眠くしてくれるのが副交感神経です。

失眠穴

f:id:suimin-bouya:20170710010615p:plain

名前からして眠れなくなりそうですが、失われた睡眠を取り戻してくれるツボです。失眠は、足の裏側、かかとの方にあるふくらみの真ん中です。ここは痛みに鈍感な部分でもあるので、思い切り押さないと効果がありません。ビー玉を思い切り踏みつけるぐらいの力で押します。

庫房

f:id:suimin-bouya:20170710010410p:plain

庫房は、肋骨を上から数えて1番目と2番目の間にあります。乳頭のちょうど真上に位置する部分です。ここを押すと胸の筋肉がやわらかくほぐれるので呼吸を深くすることができます。深い呼吸は体をリラックスさせて眠気を誘ってくれます。

眠りに関わらず、深い呼吸は物事を落ち着いて考えるために大切なことなので疲れたときやイライラしている時にもおすすめです。

ツボの押し方

ツボ押しはテキトーでも大丈夫

実は、ツボはピンポイントで押さなければならないものではないそうです。押したいツボ付近を圧迫することで効果はあるんだとか。またツボが押しにくかったり、どこにあるのかよくわからない場合は、その周辺をストレッチすることでも効果が期待できます。あまり難しく考えなくていいみたいですね!

ツボを押す力加減

ツボ押しは、少し痛いくらい強めに押すのがベストです。力をグッと入れてツボを押してから、徐々に力を抜いてやんわり指を離すのがコツみたいです。

ツボを押すタイミング

基本的にいつでも大丈夫ですが、最も効果が期待できるのが、入浴後や睡眠前などリラックスしている時間帯です。逆にお酒を飲み過ぎているときや食後すぐなどにやるとあまり体に良くないみたいです。